風俗業界に参入する女性へ

風俗求人の効率的な探し方

最近では、女性の間では風俗で働くことについて、特に抵抗がないという方が増えてきました。
一方で、非常に稼ぎが良いということで人気になりつつもあるわけです。
風俗の仕事になれば、1日当たり20,000円や30,000円を稼ぐ方もいます。
そのこと自体珍しい事ではありません。
他の仕事ではそのような金額をそう簡単に稼げるわけではありません。
だからこそ女性が注目し出しているわけです。

ichigo

 

ただ、風俗で働きたくても、風俗求人がどこにあるのか分からなければいけません。

例えば、

・一般求人情報紙
・新聞折り込み求人紙
・タウン系の求人情報紙
・新聞の求人広告欄
・一般の求人情報サイト

以上のようなところを探しても風俗系の求人はそう簡単は見つからないものです。

そこで効率的な風俗求人を探す方法をお教えします。

■風俗専門求人サイトを利用する

求人サイトには、さまざまなものが存在しています。
特に専門性が高いようなサイトも実在しているわけです。

その専門性が高いサイトの一つになりますが、“風俗専門求人サイト”というものがあります。
専門サイトになりますので、載っている情報はすべて風俗系のものになります。
風俗で働きたい女性は、そちらを利用することで効率的に仕事探しができるようになります。

・サイトの検索機能も活用すべき

風俗専門求人サイトには、基本的な機能として検索機能があります。
検索機能を使うことで、自分の探している求人を見つけ出しやすくなります。

検索機能については以下のようなものがあります。

・地域
・職種
・給料額

以上のものが基本的に備わっていることが多いです。

地域については自分の勤めたい地域をいれて検索します。
東京なら「東京」と入れますし、「新宿区」なら「新宿区」と入れるわけです。

また職種に特に注目してもらいたいです。

・ソープランド
・イメージクラブ
・デリバリーヘルス
・ピンクサロン
・オナニークラブ
・SMクラブ
・性感エステマッサージ

以上のような職種の中から希望の求人を探します。

お給料については、日給でいくら以上可能といったようなものになります。
風俗関係の給料については人によってかなり稼ぎが違いますので、その点は検索してもあまり参考にはならないかもしれません。

・店舗の公式ホームページも確認できる

風俗専門求人サイトなら、店舗の公式ホームページのアドレスも表示されています。
そちらからホームページにアクセスすれば、その風俗店の雰囲気もしっかりと分かります。
そういった面からも風俗専門求人サイトはお勧めです。

以上のように風俗専門求人サイトを利用し、検査機能を使いこなすことや店舗のホームページが確認することが風俗求人の効率的な探し方となるわけです。

 

風俗面接を受ける時に気をつけるべき事

風俗で仕事をしたい女性にとって特に大事になるのが面接です。
面接を受けることで、合否が100パーセント決定するといっても間違いではないのが風俗業界です。
風俗の世界では、特に容姿というものが大きな判断材料になります。
「綺麗」であったり「かわいい」ということであったりする方は、お客さんもつきやすくなりますし、店舗としても必要な人材になります。

以上の点も考えつつ、風俗業界で働きたい女性は、面接対策を考えましょう。

kasegu

■清潔感のある格好で面接へ

まずは、ファッションというものをチェックしてもらうことになります。
風俗で働くことになるわけなので、ファッションという部分も判断材料になります。
特に最近の風俗はデリバリーヘルスというものが多く行われているわけです。
デリバリーヘルスは私服でホテルやお客さんの自宅へ向かうわけです。
私服のセンスが良くなければ、お客さんからチェンジをされてしまうかもしれません。
お店としても、それはあまり良い事ではありません。

ファッションですが、まずは清潔感を感じさせてください。
清潔感があれば、面接官の方から交換を持ってもらいやすくなります。

また、奇抜なファッションは逆効果になりますので注意してください。
できれば、スカート姿といったフェミニンなスタイルにすることがおすすめになるわけです。
少し露出が多い恰好のほうが実際にアピールになるので、スカートはお勧めのアイテムになります。(足が綺麗な方は特にアピールになります)

■刺青がある場合は正直に

面接時には、刺青について質問されることがあります。
最近では、ファッションとして刺青をされる方も多く一般的になりました。

しかし、お客さんの中には刺青が嫌いな方もいるわけです。
ですので、採用する店舗側としても必ず確認をしてきます。
仮に刺青がある場合には、正直に答えましょう。

刺青がある方は面接に落ちるという可能性もありますが、それほど多くはありません。
ただ、刺青の範囲によっては、それで合否が決まってしまうこともありますので刺青は面接時には重要です。

ちなみに刺青があることを黙っていても必ず発覚します。
店舗研修の時に、全身を確かめられますので、必ず正直に答えなければいけないわけです。

■敬語をしっかりと話す

面接の時ですが、まず風俗は接客業であるということを思い出していただくことが必要です。
お客さんに対する仕事になりますので、接客能力がなければいけません。

そちらについても面接でしっかりと判断されるわけです。
その判断材料になるのが、「敬語」というものになります。

敬語はしっかりと話せない方は、接客能力がないということでマイナスに感じられてしまうこともあります。
ぶっきらぼうな話し方はやめて、しっかりとした敬語でお話しすることを心がけましょう。
それだけでも印象はだいぶ変わって見えてくるものです。

 

風俗で知り合いにばれない方法

風俗で働く女性は知り合いの男性が客として来てしまうのではないか、という事に恐怖感を持っている場合が非常のおいでしょう。
もしも知り合いの男性が来てしまい、そこで発覚してしまえば風俗で働いているという事が知り合い中に分かってしまうかもしれません。
以後の生活にも支障をきたすことも大いに考えられます。

■お店の取り組み

実は風俗では、風俗嬢を守るために知り合いにばれない取り組みをしています。
スタッフを守る取り組みをしているわけです。

その方法ですが、お客さんをモニターにて確認できるようにしています。
そのモニターを風俗嬢の方も確認できるわけです。
そこでもしも知り合いらしき方がいましたら、自分を指名できないようにしてもらえます。
実際に指名されてからモニターで見て知り合いという事になりましたら、仕事をしないようにしていただくこともできるわけです。

モニター確認というものは、他にも嫌なタイプのお客さんがきた場合に指名できないようにするための手段でもありました。
それが、知り合いへの発覚をなくすために現在では役立っているわけです。

最近では、風俗も会員制になりましたので、嫌なお客さんの情報は事前に店舗にも入っていて、特定の方から指名を受けないようにできるわけです。

■デリバリーヘルスでも対応できます

モニターにて、知り合いにばれないようにすることができるのは店舗型の風俗という印象が強いでしょう。

・ピンクサロン
・店舗型ヘルス
・ソープランド

以上のようなものです。

一方でデリバリーヘルスの場合は、そういった防御ができない事もありますので大きな問題になります。
デリバリーヘルスは電話やインターネットで予約や利用をする事になります。
ですので、お客様を確認することはできません。
電話やインターネットの場合は諦めるほかありません。
ただ、住所などをあらかじめ教えていただけますと、知り合いであるかどうかの判断は可能です。
住所が近所であった場合には避けることも可能です。

またデリバリーヘルスと言っても、実は受付につきまして事務所で行っている事もあります。
サービスはホテルで行われるわけですが、事務所で受け付けだけ済ますというわけです。

その事務所にはお客様を確認できるモニターが一般的な店舗型の風俗店と同じくあります。
ですので、思った以上にデリバリーヘルスであっても知り合いにばれない方法は準備されていると思ってください。

ちなみにデリバリーヘルスも会員制です。
身分証明書を確認されて会員になっていますので、事前に会員情報を確認させてもらっていれば知り合いにばれることはないでしょう。